読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事も生き方も人間関係がすべて〜悩まない自分の生き方をつくろう〜

厄年のビジネスパーソンが抱える課題、この先の生き方、職場の人間関係のストレス、職場で部下指導や育成、コミュニケーションギャップ、自信が持てない自分、そんなお悩みの解決指南の日々や日常の所感を綴っています

ファシリテーション

何の力で人を動かしたい?

年の初めは、決意したり、覚悟したり、夢を語りたくなる。 やりたいことは「独りで出来ること」もあるが、少なくとも「誰かの力を借りる」ことで可能性は広がる。 年末に、ビジネスカップルと呼ばれていた「ぺこ」&「りゅうちぇる」が結婚を発表。 りゅうち…

アクティブラーニング型授業〜金沢工業大学の哲学を「共創教育」する〜

大学の哲学の授業、今日は「政府をめぐる問い」がテーマ。 18歳が選挙権を持って投票日を来週に控えて、なんてタイムリーなテーマ。 今日の哲学ダイアログは気になります! 学外の社会人が授業に参画して学生と「人間と哲学」の授業でディスカッションする金…

哲学者2人と私、カフェでお茶した話し。

人と組織の変わるを支援するファシリテーター・人材育成コンサルタントの坂本祐央子(さかもとゆみこ)です。 新丸ビルのカフェで、「こども哲学」著者でもある立教大学の河野 哲也さん、そして金沢工業大学「人間と哲学」の授業をご一緒させていただいてい…

最近の若いもんは・・というけど、最近の大人は固くて脆い話し

人と組織の変わるを支援する、コーチ・人材育成コンサルタントの坂本祐央子(さかもとゆみこ)です。 『大人は人格が固くて脆くなっている人が多いのです』とこの本には書かれています。 大人は社会的地位や立場を離れて他者と向き合うことが苦手。批判され…

ファシリテーション・シンポジウム2016に参加 その2

人と組織の変わるを支援する、人材育成コンサルタント、ファシリテーターの坂本祐央子(さかもとゆみこ)です。 今回のシンポジウム会場は、名古屋国際会議場。 そして、名古屋のお楽しみといえば「世界の山ちゃん」 名古屋の手羽先ってどんなもんだ〜?が楽…

ファシリテーション・シンポジウム2016に参加 その1

人と組織の変わるを支援する、人材育成コンサルタント、ファシリテーターの坂本祐央子(さかもとゆみこ)です。 週末はしらさぎに乗って名古屋に行ってまいりました。 「日本ファシリテーション協会」のシンポジウムに参加のためです。 今回の楽しみは2つ 1…

EQフォーラムに行って、私がペッパーくんと話せない理由に気づいた

日本にEQが紹介されて25年が経つそうだ。 EQ理論とは「感情を上手に管理し、利用できる能力」 そんなEQについて、提唱者であるジョンメイヤー教授と、ビジネスシーンでEQを活用しているイェール大学のデビッド・カルーソ博士の来日記念フォーラムが京都大学…

「私たちは人生に何を求めているのでしょうか?」哲学としての美しい問いとは?

人と組織の変わるを支援する、ファシリテーターの坂本祐央子です。 金沢工業大学の「人間と哲学」の授業に、コネクターとして授業と社会人(大学外)をつなぎ、学外からも授業にも関わらせていただく広い意味でのファシリテーターとしての役割と担っています…

氷河期な会議、あたたかい会議

人と組織の変わるを支援する、坂本祐央子(さかもとゆみこ)です。 ファシリテーション協会富山サロンでは、昨年度アワード受賞した「場あたため力」の計測について、バージョンUPするために昨日の例会のテーマも「場あたため力」について。参加して発見した…

書く事で共有できる!みんなが分かる会議のコツ

書くことの効果はさまざま。富山県氷見市役所で市役所職員等を対象に標記セミナーを実施しました。自分で何かを思い起こしながら書き表す行為は、記憶を思い起こすための経路が強化されて、記憶が取り出しやすくなる。「書く、記憶する、計画する習慣は、脳…

会社のホワイトボードって掲示板?

それぞれの居場所をつくりながら、チームをつくっていく。先日「チーム」をキーワードにした時に生まれたことば。リーダーは「希望を配る人」でもあるのだけど、チームを育てる人でもあるのだと思う。山登りに例えると、先頭で旗を振るというより列の後方で…

街の未来を創る人たちにファシリテーション!

今年も、ファシリテーション講座をさせていただきました「とやま観光創造未来塾」いろんな職種の方が観光で街の未来を考えたいと思ってる。多様な視点を活かす観光の街づくりに期待。*********************************************************************…

グループワーク概論って授業が京都精華大学にはあります、、、何学ぶの?!社会を変える力を学ぶ

今日は、グループワーク概論のモジュール2の振り返りをファシリテーターとしてサポートさせていただきました。この京都清華大学には、グループワーク概論という筒井洋一教授が実施している(ここでは教えているという表現はマッチしない感じがしています)授…

新しい氷見市庁舎で未来がうまれたフューチャーセッション×ホワイトボードミーティング

氷見市役所全体を使ってホワイトボードミーティングをFAJ富山サロンで実施しました。ファシリテーターとして、氷見市のキャラクターでもあるハットリくんとも記念撮影!市庁舎を活かしたチャレンジ案も全員で壁一面埋める程出てきて、これが志しある民のフュ…

ホワイトボードミーティング ロングタイムトレーニング

ホワイトボードミーティング。書く技法の可視化だけじゃなく、深い情報共有、話し合いのプロセスを学びます。そして、一人ひとりの潜在能力を発揮出来る組織やチームをつくれるようになるための手法です。企画会議で、ゴールデンウィークのカフェメニューつ…

ものごとが上手く進まない時、何を変える?

組織での仕事が上手くいかない。チームでの活動が上手くいかない。どうやるのか?何をどんな手順で進めるのか?これだけじゃ、モチベーションやワクワク感もうまれない。どうありたいのか?何のために?ファシリテーションもコーチングも、忘れがちなここを…