読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事も生き方も人間関係がすべて〜悩まない自分の生き方をつくろう〜

厄年のビジネスパーソンが抱える課題、この先の生き方、職場の人間関係のストレス、職場で部下指導や育成、コミュニケーションギャップ、自信が持てない自分、そんなお悩みの解決指南の日々や日常の所感を綴っています

坂本祐央子です、自己紹介 その12 〜会社を設立する〜

こんにちは、坂本祐央子です。 引き続き、自己紹介です。 前回はこちら ロールモデルの女性との出会いと、思い切っての起業!! 私のロールモデルでもある女性ふたりとの出会いで、コーチングが仕事に役立つことを検証できた仕事を退職し、自分の会社を設立…

坂本祐央子です、自己紹介 その11 〜2人目のロールモデルに出会い円満退社〜

こんにちは、坂本祐央子です。 引き続き、自己紹介。 前回はこちら コーチングスキルを身に付けることから、講師トレーニングへ コーチングスキルを身につけ、講師トレーニングも終えた頃。 ロールモデルになる2人の女性に巡り会えたことが、次のステップに…

坂本祐央子です、自己紹介 その10 〜ロールモデルに出会う〜

こんにちは、坂本祐央子です。 自己紹介、引き続きです。 前回はこちら 「聴く」と「問いかける」というコミュニケーションを学び、コーチの道へ 親友の自殺をきっかけに自分のコミュニケーションを変えたくて、銀座コーチングスクール金沢校のドアを叩き、4…

坂本祐央子です、自己紹介 その9 〜初めて講師として登壇編〜

こんにちは、坂本祐央子です。 引き続き、自己紹介です。 前回はこちら 営業ウーマンとして「聴く」ことの大切さを知って、コーチングの有意義さを知る 転校でコミュニケーションが苦手だった子ども時代、やりたいこともないまま社会人になり、30代半ばの転…

坂本祐央子です、自己紹介 その8 〜コーチングスキルで営業成果をあげる編〜

こんにちは、坂本祐央子です。 引き続き、自己紹介です。 前回の話はこちら コーチングを学んだけれど、スキルが身についたかどうかは分からないというジレンマ コーチングを学んだけど、40時間学び終えたことに満足して、コーチングスキルに関しても身につ…

坂本祐央子です、自己紹介 その7 〜怖さをを克服した役員室編〜

こんにちは、坂本祐央子です。 引き続き、自己紹介。 前はこちら 親友を失った悔しさからコーチングを学び、転職した場所で待っていたものは?! 親友の自殺をきっかけに「聴けないことは失うこと」を痛感し、自分がもうそんな目にあいたくない一心でコーチ…

坂本祐央子です、自己紹介 その6 〜ソフトバンクモバイル転職7日目の事件〜

こんにちは、坂本祐央子です。 引き続き、自己紹介です。 前回はコチラ ソフトバンクモバイルでの法人営業時代 コミュニケーションに悩み、やりたいこともなくぼんやり過ごして、30代半ばになり「銀座コーチングスクール金沢校」に出会い、苦手だと思ってい…

坂本祐央子です、自己紹介 その5 〜コーチングって上司が学ぶもの?〜

こんにちは、坂本祐央子です。 引き続き、自己紹介です。 前回の話しはコチラ 人生を変えた転機の時、そしてコーチングとの出会い 人生を変える大きな出来事に遭遇した親友の死。 そして、親友の死から4日後になぜか、職場に出勤したら理由なく解雇され、そ…

坂本祐央子です、自己紹介 その4 〜人生を変えた「聴けないことは失うこと」〜

こんにちは、坂本祐央子です。 自己紹介のつづきです。 前回までの話はコチラ 親友の自殺とコミュニケーションをとるということの意味を知る 大人しい子どもの頃、コミュニケーションが苦手でクラスの男の子と3年間話しもできなかったような高校時代を経て、…

坂本祐央子です、自己紹介 その3〜お局さんと対峙する(金沢市)編〜

こんにちは、坂本祐央子です。 自己紹介です。 前回はコチラ その2 石川県金沢市での新しいスタート! コミュニケーションが苦手で大人しい子ども時代。 大人になって、娘が生まれたことでやっと自分がやってみたい、楽しいことを少し見つけ出しました。 で…

坂本祐央子です、自己紹介 その2 〜20代(四街道市・我孫子市)編〜

こんにちは、坂本祐央子です。 自己紹介の続きです。 前回の記事はこちら⇨ その1 コミュニケーションが苦手な私が普通の人生一直線に生きてみた 父親の仕事(自衛官)の都合で、富山県高岡市で生まれてから、千葉県千葉市、北海道旭川市、千葉県四街道市に引…

坂本祐央子です、自己紹介 その1〜学生時代(千葉市・旭川市)編〜

こんにちは、坂本祐央子です。 コーチングを学び、コーチ・ファシリテーター・研修講師として、人が本気で貢献したい、やりたいと思えることに進むためのサポートを仕事にしています。 今、私がここにいる経緯を自己紹介します。 私の30代までの生き方は、ダ…