読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事も生き方も人間関係がすべて〜悩まない自分の生き方をつくろう〜

厄年のビジネスパーソンが抱える課題、この先の生き方、職場の人間関係のストレス、職場で部下指導や育成、コミュニケーションギャップ、自信が持てない自分、そんなお悩みの解決指南の日々や日常の所感を綴っています

貴族意識・・じゃなくて帰属意識 貢献意欲はどうしたら?

先日の研修で一同爆笑したこと。
「帰属意識」ってググってみて・・・との質問にみんながググったのは「貴族意識」(笑)

ゴールデンウィークが過ぎ先輩についてOJTが始まった研修での一コマでした。
入社1年目じゃ、帰属なんて言葉自体、頭の中の辞書に無かったのよね。

会社への帰属意識は会社への貢献意欲につながります。
昭和の時代には会社への忠誠心ってコトバがあったようですが、今はどうなのでしょう?
今はどうなのでしょう?

興味深い記事があります。
リクルートホールディングスが実施したアジア圏での若者の就労意識調査。

アジア圏で働く20代、30代の仕事おする上で大切だと思う事(価値観)
■中国 
第1位:高い賃金と充実した福利厚生 第2位:明確なキャリアパス
■韓国 
第1位:高い賃金と充実した福利厚生 第2位:適切な勤務時間と休日
■インド 
第1位:高い賃金と充実した福利厚生 第2位:雇用の安定
■タイ 
第1位:高い賃金と充実した福利厚生 第2位:雇用の安定
■マレーシア 
第1位:高い賃金と充実した福利厚生 第2位:雇用の安定
インドネシア 
第1位:高い賃金と充実した福利厚生 第2位:明確なキャリアパス
ベトナム 
第1位:高い賃金と充実した福利厚生 第2位:教育研修の機会
■日本 
第1位:良好な職場の人間関係 第2位:自分の希望する仕事内容

日本人だけが他のアジア地域と違って、賃金ではなく『人間関係を大事にし自分が望む仕事の内容であること』が、仕事をする上で大切なようです。

チームワーク力を上げる支援や、職場の枠を超えた協力関係が帰属意識に繋がると考える事ができます。

聴く力
質問によって考えさせ意味付けをする力

帰属意識を高めるキッカケになります。


パーソナルコーチング、2名空きが出ましたので興味のある方は是非。

◆月2回×3か月 63,000円 スカイプもしくは電話(もしくは対面)
◆月1回×3か月 31,500円 スカイプもしくは電話(もしくは対面)

上記スタート前に、ご自分自身を知るためのアセスメントシートをご記入いただきます。
それを元に一緒にお話ししコーチングを始める準備をしてから、契約スタートです。
一緒に始める準備は無料です。
是非、お問合せください。

<研修・パーソナルコーチングお問い合わせ> 
電話:050-3383-1976
メール:info@sahrzad.jp
web : コーチサガセル