読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事も生き方も人間関係がすべて〜悩まない自分の生き方をつくろう〜

厄年のビジネスパーソンが抱える課題、この先の生き方、職場の人間関係のストレス、職場で部下指導や育成、コミュニケーションギャップ、自信が持てない自分、そんなお悩みの解決指南の日々や日常の所感を綴っています

坂本祐央子です、自己紹介 その5 〜コーチングって上司が学ぶもの?〜

こんにちは、坂本祐央子です。

引き続き、自己紹介です。

 

前回の話しはコチラ

 

人生を変えた転機の時、そしてコーチングとの出会い

人生を変える大きな出来事に遭遇した親友の死。

そして、親友の死から4日後になぜか、職場に出勤したら理由なく解雇され、その件で弁護士さんと訴訟を起こそうとしていたタイミングで、銀座コーチングスクールに偶然出会う。

 

人の話しを聴けないことは「人の命」も失う、二度とこんな思いをしたくない一心。それが、受講の動機でした。

しかし、銀座コーチングスクール金沢校の受講仲間は、

ビジネス現場でコミュニケーションスキルをあげたい

管理職としてもっと部下が活躍できるようにしたい

などと思う、私と違う世界に住む人ばかりでした。

 

受講1日目に人生の先輩に「今日、コーチング学んできた」と私。

人生の先輩「お前なにやってんだよー!コーチングって部下を持つ上司が学ぶもんだよ、お前は今無職だろう!?全くなにやってんだよー」と、ガツン。

心の声で『もう、絶対コーチングって単語をこの人に話すのはやめよう、そして絶対最後まで学び通してやる〜』と叫んだのを今でも覚えています。

 

コーチングを受講することを否定された悔しさをバネにして、勉強し、認定試験を受ける

人は自分がやっと見つけたものを否定されると、もう話したくないと思うと同時に、悔しさがバネになるのです。

f:id:sahrzad:20160706185922j:plain

そんな気持ちだけで、受講したのでもちろん講座中は落第生。

言ってる意味も、テキストの意味も理解できないことが多いし、実践もうまくいかず、当時の同期の仲間がビデオに撮影してくれたセッションもDVDでプレゼントしてくれたのに、実は今でも見ることができないほど、ビビっていたのです。(同期のOさん、一緒に学びを向上させようとした気持ち、ありがとう)

 

認定試験は、なんとかギリギリ合格

 

私のその時の思いは果たしたのでした。「最後まで学び通してやる〜!完!!

そのタイミングで、無職から就職も手に入れました。ソフトバンクモバイル、北陸支店法人営業部で営業職として働くことになりました。

 

「営業」って今までやったことない、大変な仕事って聞いてるけど・・、次なるターニングポイントへのスタートでした。

 

つづく