読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事も生き方も人間関係がすべて〜悩まない自分の生き方をつくろう〜

厄年のビジネスパーソンが抱える課題、この先の生き方、職場の人間関係のストレス、職場で部下指導や育成、コミュニケーションギャップ、自信が持てない自分、そんなお悩みの解決指南の日々や日常の所感を綴っています

坂本祐央子です、自己紹介 その11 〜2人目のロールモデルに出会い円満退社〜

こんにちは、坂本祐央子です。

引き続き、自己紹介。

前回はこちら

 

コーチングスキルを身に付けることから、講師トレーニングへ

コーチングスキルを身につけ、講師トレーニングも終えた頃。

ロールモデルになる2人の女性に巡り会えたことが、次のステップになりました。

 

ソフトバンクの営業と二足のわらじで銀座コーチングスクールの講師をするという大変さ

当時、ソフトバンクで仕事をしながら、休日は銀座コーチングスクールの講師の2足のわらじ状態でした。

ソフトバンクでは、業務用端末を支給されていて土日も稼働している本社の部署や担当のお客様からも電話は日常的にかかってきました。その頃には、法人営業の仕事は天職だと思うほど、日々が楽しく、今でも戻れるならソフトバンクで営業職をやりたいと思っているぐらいです。

しかし、そろそろどちらかの仕事を選ばなくてはならない状態だと感じていました。

 

f:id:sahrzad:20160706184316j:plain

 

ロールモデルの女史と独立について語り合う

ある日、ロールモデルのひとり、北陸のビッグユーザーを次々開拓する尊敬する職場の先輩のT女史とランチ。

「独立しようかと思う」

T女史「いいんじゃないー!」

私は大丈夫かと不安がられるのかと思ったら想定外の応援の声。

聴くと、なんとT女史は嘱託社員でご自身は会社を2つ経営しているとのことでビックリ。

「会社経営してるのに、どうしてソフトバンクに?!」

T女史「会社は人に任せてあるから、朝起きて行くところがないとつまらないでしょ、だからソフトバンクで働くの」

と、涼しげな顔で言いながら北陸の銀行や大手はすべてT女史のお客様。

 

T女史から会社設立は簡単、と背中を押してもらうとともに会社名までT女史に考えてもらって、プレゼントしていただきました。

 

独立して会社を作るということ、そして会社のネーミングが決まらない(笑)

会社登記の前日、なかなか社名が決まら無い私とT女史

T女史「なかなかいい名前ないね。じゃ、お互いに娘の名前はどうやってつけたの?うちは、中央病院で生まれたから奈央子、、あ、これじゃだめね。」

コーチングの師匠に相談したら、坂本商店はどうかって言われたけど、それはちょっと嫌なのよ」

T女史「じゃ、好きな本の主人公を言い合いましょう。私からね、私はシェヘラザード。」

 

あ、それ!決めた!

千夜一夜物語に登場する語り部であるシェヘラザード

悪い王様をなんとかしようと、大臣が娘を嫁がせる、その娘がシェヘラザード。

シェヘラザードは王に殺され無いよう、寝る前にアラビアンナイトなど物語を語って聞かせる。

途中で、続きは明日と語りを止めてしまうので、王は殺すことができ無いまま、彼女の話を千夜聞いたことで改心し、いい王様になった。

その語った物語が、千夜一夜物語であると言われている。

 

人は語ることで、価値観が変わりいつでも新しい人生を紡ぎだせる。

 

そんな名前をプレゼントしてくれた、T女史に感謝である。

さて、会社名も決まり、お世話になったソフトバンク円満退社を迎えた。

 

起業するって、どういうことなんだろう?

 

つづく